ワイン

お酒を飲みはじめたばかりの人にとっては、ワインは飲みにくいお酒ではないかと思います。
白ワインはまだましですが、赤ワインには独特の強い香りと渋みがあるからです。
私も、においだけでくらっとしてしまってワインが飲めないでいます。
ワインはぶどうから作られていますが、同じようにぶどうからつくられているぶどうジュースはまだ飲みやすいです。
でも、同じ果汁100%のジュースの中でも、他の果物に比べてぶどうジュースは渋みが強く飲みにくいイメージがあります。
ぶどうの皮には渋み成分が含まれているようで、赤ワインや一般的なぶどうジュースには果実が丸ごと使われているので渋みが強いようです。
昔から大人になったら格好良くワインを
飲む姿を思い描いていたものですが、想像と現実はなかなかいっちしてくれないもののようです。
ワインは飲めないものだという、食わず嫌いならぬ飲まず嫌いになってしまっていますが、ワインは現在本当に多くの種類のものが作られ、販売されています。
売られているワインをみると、いつもこの中にひとつぐらいはおいしく飲めるものがあるのでは、とおもってしまいます。
いつか自分に合うワインを見つけて、おいしく飲める日が来てほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>