赤ワイン 料理のレシピ

赤ワインに合う料理のレシピのローストビーフをクリスマスの時期によく作ります。

ローストビーフはレストランで食べたり、買ってくる料理・・・というイメージがありますが、意外と家庭で簡単にローストビーフって作れるんだよ、と友達に話すと教えて欲しいということになり、クリスマス前に一緒に練習で作ります。

なので、12月は何回もローストビーフを作って食べるので、クリスマス前にごちそうを食べ過ぎて、クリスマス当日には和食が食べたくなってしまうほどです。

クリスマスの時期には、普段、家庭でアルコールを飲まない人でも、ワインを開けようか・・・という雰囲気になりますね。

なんとなく、クリスマスには赤ワインというイメージがあるのは私だけでしょうか?

ワインの専門店で聞いたのですが、赤ワインはポリフェノールがたくさん含まれていていいと言いますが、同じワインでも白ワインにはあまり含まれないんだそうです。

ポリフェノールは、ぶどうの皮に含まれる成分なので赤ワインには入るけれど、白ワインはぶどうの皮を取って作るのでポリフェノールはあまり含まれないんだそうです。

赤ワインと相性の良いローストビーフのレシピは、牛肉ブロックにしっかり塩こしょうをして、熱々に熱したフライパンで牛肉ブロックの表面を軽く焼き、あとは、70℃のお湯に焼く一時間漬けておくと出来上がりです。

ポイントは、牛肉の表面を焼く時に、本当にサッと1秒ずくらい各面を焼く事です。

ここで火を通し過ぎると、ローストビーフの真ん中の赤い部分にまで火が通ってしまい、硬いローストビーフになってしまいます。

あとは、出来上がったローストビーフを薄くスライスして、玉ねぎとポン酢で作った和風のタレで頂きます。

赤ワインにあう簡単だけれど豪華に見えるレシピなのでオススメです。

ワインのつまみ 簡単に作るコツ

ワインにあうおつまみの簡単レシピを教えてもらったので、早速、ウチでホームパーティーをする時に作りました。

私はお酒は飲みませんが、ビールやワインも飲む人も参加するので、ワインに合う料理を準備しました。

いろいろ手作りで料理を作ったのですが、皆に好評だったのが手作りの鶏ハムでした。

鶏ハムは、実は一番簡単なレシピなのですが、ワインに合うと褒めてもらいました。

鶏ムネ肉にしっかりと塩こしょうをして、さらにブラックペッパーも多めにしっかりつけて、無水鍋で裏表をサッと焼いて、あとは蓋をしたまま1時間放置しておくだけです。

仕込みが5分なのに、お店で買ってきたような柔らかい手作りハムになります。

塩コショウの代わりに、カレーパウダーで作っても良いです。

女性に人気なのは、やっぱり野菜のサラダです。

水菜と大根のサラダの和風ドレッシング和えは、赤ワインに合いますし、フルーツサラダは白ワインに合います。

あと、おつまみにと温野菜も簡単なので作りました。

ジャガイモ、人参、かぼちゃなど、家にある野菜を蒸すだけのシンプルなものですが、シンプルだからこそ、ワインの味を引き立ててくれます。

それから、ガッツリと食べたい人用に唐揚げも準備しておいたら、男性陣がパクパク食べていました。

アルコールが飲めない人用に、オレンジジュースと、紅茶、コーヒーも置いておいて自由に好きな物を飲んでもらうスタイルにしました。

コーヒーと、フレーバーの紅茶を保温ポットに入れておくと、一回一回淹れなくても大丈夫なので便利でした。

途中で何度もキッチンに行くと、お客さんが気を使ってしまいますし、話しも中断してしまうので、保温ポットは便利でした。

ジュースとワインの中間が、有機ルイボス茶

頭の良し悪しは、要するにジュースとワインに似ている事に気が付いた。

ジュースとワインの中間が有機ルイボス茶かな。ワインでもルイボス茶でも有機栽培のオーガニックのものが最近増えてきたように思います。

甘いジュースは子供の飲み物、ワインは舌を徐々に慣らす云わば嗜む物だ。

どちらにせよ過剰摂取は禁物である。糖分過多か、アルコール依存症か…

だからと言って己の味を知らぬ訳にはいかない。

私はかなり苦味だった。

濃厚な香り、赤い白い色

従姉は甘い甘いオレンジジュースだ。

ワイン派の人間は熟成されるのでこちらの方が結論的に良い事に気が付く。

まだまだ私は堅く閉ざした若いワインだ。

開けるのは時期尚早というもの。

京都でワインを飲むなら最高のバー K家

今日は京都のBar、K家に行ってきました。

こちらのお店は有名で、本館の他にも別館まであるそうです。

別館は近年オープンされたとか。

私たちがお店に入ったときも、予約されてないお客さんは本館はいっぱいだったため、別館のほうを勧められていました。

カウンターの席が空いていなかったため、私たちは二人だったのですが、六人の座椅子がある個室に案内していただきました。

個室は、外のお庭はもちろん、カウンター席の前のお酒が並ぶ棚まで見渡せる席で、二人ではとても贅沢な部屋でした。

中庭もライトアップされていて、内装もとても京都らしい雰囲気。

民家を改装したような、趣があるBarです。

今日は、シャンパンベースのマンゴーカクテルと、バナナのカクテルを頼みました。

両方、とても美味しくて。

実は一杯で帰ろうとしていて、会計のためスタッフの方を呼んだんですが、一杯目があまりに美味しかったのでやっぱり二杯目も飲みたいと思い、二杯目を注文しちゃいました。笑

最近、京都の有名なBarを何件か訪れてますが、個人的に一番美味しかったと思います。

どちらも、メニューのK家オリジナルカクテルから選びました。

K家にはメニューが置いてあり、私はお酒に詳しくないのでメニューが置いてあるほうが選びやすくて嬉しいです。ワインのリストもたくさんありました。赤ワインも白ワインも揃っているようです。

マスターやスタッフの方に好みを言ってカクテルを作っていただくのもいいですが、あまり注文慣れてないので緊張します。笑

あと、お通しでウエハースにチーズと蜂蜜をかけたものを出していただけるのですが、これもとても美味しかったです。

マスカルポーネチーズだったかな?どこのチーズかすごく気になりました。

あれなら、家でも食べたいです。

宅飲みなんかで出せたらいいのに。

メニューにエスプレッソなんかのカクテルがあって、私コーヒー好きなのでそっちも飲んでみたかったです。

エスプレッソのカクテルは火をつけたり、パフォーマンスみたいだそうです。

別館もとても雰囲気がいいそうなので、行ってみたいです。

スタッフの方の対応が、気をはらないでも来れるような接客なので、大学生のみでも行きやすいです。

ワイン好きの友達

ほんの少し嗜むくらいですが、お酒を少し飲むと血行にも良いしポリフェノールが流行った頃に毎日小さなコップに1杯ワインを飲んでいた時期があります。

スパークリングワインもクリスマス時期にしか買って飲んだりはしませんが好きです。

お店で手ごろで売っている安価なワインしか飲んだことがないし、高価なワインとの違いもワインの知識もほとんどありませんが、赤ワインは渋みがあり、白ワインはさっぱりした飲み口だなと思いながら美味しくいただきました。

以前に、友達に進められてお店でいただいた赤ワインを飲んでみたのですが、渋みもあまりなく飲みやすく美味しかったのを覚えています。どれも赤は渋いイメージがあったので、飲みやすて美味しいのもあるんだなと思いました。

食事も終えた後の飲みなおしで入ったお店だったので、楽しく話しをしながら少し甘い物をつまんで飲んだワインがとても美味しかったです。

どんなワインだったかは忘れてしまいましたが、これなら自宅でも毎日少しずつ飲んでみたいなぁ~と思いました。ワイン好きの友達に、今度飲みやすくて美味しいワインを教えてもらおうと思います。

 

マテ茶で食物繊維をとる

ワインばかり飲んでいるので、たまには、他の飲み物も飲むのですが….

赤ワインのときには、肉料理が多いですね。

肉料理には、赤ワイン以外には、マテ茶がよく合うようです。

マテ茶には食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維が多い緑色の茶葉をしたマテ茶の別名は飲むサラダと言われるくらいです。そんな食物繊維たっぷりのお茶を飲むことでお腹の中をすっきりとさせてくれるのでしょう。最近はペットボトルの炭酸飲料でも、食物繊維入りのものがふえてきました。

最近では、焙煎したマテ茶がペットボトルで販売されるようになって人気を集めていますね。

マテ茶を飲んだからといって、スリムな体になれるわけではないでしょうが、体の中にいらないものを溜め込まないようにはしたいものですね。野菜を食べれば食物繊維はふんだんに体の中に摂り入れることが出来ますが、毎日たくさんの野菜を食べることは、難しいと感じられる方も多いはずです。

1年前はよく、マテ茶のテレビCMをやっていたのに、最近はあまり見かけませんね。でも、コンビニに行くと、マテ茶のペットボトルがよく売られています。マテ茶の効能とか効果とか期待して、みんな買うのだと思います。

そんな時に少し手助けしてくれる意味でお茶を飲むのはいいと思います。CMのようにキレイなモデル体系になるには、それなりに努力が必要になってくると思いますが、少しでも近づけるなら、続けて飲んでみる価値はありそうですね。

これから、また暖かい季節になってきて、薄着になる前にこの冬に溜め込んだものを出さなければいけませんよね。春は動きやすくなるので、夏に向けてウォーキングなど始めるのもいいかもしれません。体も動かしながら、食事にも気を付けて、少しずつ体系がよくなるといいですよね。

レーズン 干し ぶどう

レーズンは好き嫌いのある食べ物ではありますが、人気のある食べ物だと思います。

パン生地に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたり、また料理に使ったりと、活躍の場も広いです。
レーズンはぶどうを干したもので、ドライフルーツのひとつです。
普段からドライフルーツをよく食べるという人はそう多くないと思うのですが、レーズンはドライフルーツの中では見かける場面の多い身近な存在ですよね。
レーズンは歴史が古い食べ物のようで、13世紀ごろに登場したそうです。
ぶどうはみずみずしいですが、乾燥させることでその水分を飛ばします。
この結果、成分の6割ほどを糖分が占めることになるようで、レーズンが甘いのもうなずけます。
また、糖分が凝縮されるだけでなく、干すことによって栄養価も上がっているのです。
生のぶどうと比べると、カリウムは7倍、食物繊維は4倍近くにもなります。
おいしくて栄養価も高いのはうれしいことです。
ただ、糖分が高いことを忘れてはいけません。
健康に気を遣おうとして、口にするものの成分をいちいち気にするのは大変なことだと思います。
そうまでしなくても、レーズンに限らず食べ物はほどほどに食べることが一番健康によいのかもしれませんね。

ワイン

お酒を飲みはじめたばかりの人にとっては、ワインは飲みにくいお酒ではないかと思います。
白ワインはまだましですが、赤ワインには独特の強い香りと渋みがあるからです。
私も、においだけでくらっとしてしまってワインが飲めないでいます。
ワインはぶどうから作られていますが、同じようにぶどうからつくられているぶどうジュースはまだ飲みやすいです。
でも、同じ果汁100%のジュースの中でも、他の果物に比べてぶどうジュースは渋みが強く飲みにくいイメージがあります。
ぶどうの皮には渋み成分が含まれているようで、赤ワインや一般的なぶどうジュースには果実が丸ごと使われているので渋みが強いようです。
昔から大人になったら格好良くワインを
飲む姿を思い描いていたものですが、想像と現実はなかなかいっちしてくれないもののようです。
ワインは飲めないものだという、食わず嫌いならぬ飲まず嫌いになってしまっていますが、ワインは現在本当に多くの種類のものが作られ、販売されています。
売られているワインをみると、いつもこの中にひとつぐらいはおいしく飲めるものがあるのでは、とおもってしまいます。
いつか自分に合うワインを見つけて、おいしく飲める日が来てほしいものです。

赤ワイン

昔はワインといったら大人がのむ高級な飲み物というイメージがありました。
貴族がワイングラスを片手に・・・といったシーンはテレビや本などさまざまな場所で出てきた気がします。
でも実際にはワインの値段は安いものから高いものまで様々ですよね。
ワインといったら赤ワインをイメージしがちなのですが、赤ワインと白ワインはどちらもぶどう酒であることに違いはありません。
果汁のみをつかってつくられる白ワインと違い、赤ワインは果実を丸ごとつかっているそうです。
赤ワインに渋みがあるのはぶどうの皮に渋みがあることを考えたらなんとなく分かる気がします。
赤ワインを飲み比べて高いものか安いものか当てるといった内容のテレビ番組をみたことがありますが、正解率がよくないところをみると、安いワインも侮ってはいけないのだと思います。
何においても言えることですが、高いものがいいとはかぎりませんよね。
大事なことは、値段ではなくて自分がいいものだと思えるか、ということのようです。
赤ワインは白ワインより高級なイメージと結びつきやすいのですが、赤ワインが肉料理にあうものだからかもしれません。
濃厚な赤ワインは肉料理にぴったりのようです。
料理に高級感を出したいとき、赤ワインを一緒出すのもひとつの手かもしれません。
でも白ワインの方が合う魚料理のときに赤ワインを出す、というようなミスはさけたいですね。